一般外壁塗装 一般外壁塗装

外壁塗装は建物の保護はもちろんですが、最近ではバリエーション豊かなカラーもありお家の表情を変えることで気持ちも変わります。

一般外壁塗装

※クリックすると該当の項目に移動します。

※スライドすると該当の項目に移動します。

【外壁塗装の重要性】
外壁塗装は外壁の保護。外壁を保護することによって、湿気の侵入を防ぎ外壁内の構造材(壁材や柱など)を保護する役目をしています。
湿気が壁内に侵入していくと、雨漏りの原因や構造材の劣化、腐食といった原因になります。当然、こういった状態になれば、雨漏り防止工事や腐食部分の交換工事が必要となり、内壁を解体し構造材を交換したり、それに伴って、本来なら必要としない内装工事(壁紙貼り替えなど)が必要となってきます。
当然、根本の原因となっている外壁塗装ももちろん必要で、2重3重と費用がかかってしまいます。余計な費用がかかってしまう前に、外壁塗装を行って外壁を保護し、湿気の侵入を未然に防ぐといったメンテナンスが必要となってくるのです。
【外壁塗装の目安】
残念ながら、半永久的にメンテナンス不要の塗料は世の中にはありません。
塗料の種類によって耐久性に違いがありますが、大体7年から10年が塗り替え時期の目安となります。各塗料メーカーは耐用年数10年をうたっていますが、太陽光や雨水のあたり方で、塗り替え時期は変わってきます。年数とは別の塗り替えの目安は、下記の3点です。
  • ○外壁にひび割れが発生している。
  • ○外壁の接続部分、またはサッシ廻りのシール部分が劣化し、ひび割れもしくは欠如している。
  • ○外壁を手で触った場合に外壁色の粉が手に付着したりする。
ひび割れは雨水の侵入を容易にする原因となりますし、粉がつくほど劣化した塗料は雨水をはじく効果が全くなく、外壁全体的に雨水を浸透させてしまう原因となります。1年や2年ではその被害程度は判別しにくいですが、何年もかけて浸透し、構造材に湿気を付着させ、腐食の原因の一番の理由となります。
【新築住宅の保証】
ハウスメーカーが新築住宅を建築する際にあげるメリットのうちで長期保証があります。
初めから良い材料を使用し、良い施工をし、建物を良い状態に長く保つようにする、オーナー様にとってはとてもありがたい保証です。
しかし、ハウスメーカーによって異なりますが、それぞれの長期保証にはいくつか条件があり、その中には何年かごとの自社点検及び自社メンテナンスを必ず受けるような条項が盛り込まれています。この条件をクリアしないと長期保証から除外されてしまうといった厳しい条件です。
これはハウスメーカーが、リフォームを自社で行うようにしむけた戦略でもなんでもなく、良い材料、良い施工を施しても、長く住もうと思えばメンテナンスは必要ですよ…と、教えてくれていると私は判断します。外壁の塗り替えでいえば、メーカーごとで年数は異なりますが、だいたい7年、早いメーカーでは5年で塗り替えを勧められるケースもあるようです。
【施工会社選び】
ではメンテナンスをどこに頼めばいいのでしょう。
ハウスメーカー?建設会社?工務店?リフォーム会社?と探せば色々とあり、それぞれのメリットデメリットが存在すると思います。
しかし、最終的に現場で施工する業者は【ペンキ屋】です。
長くその職に携わり、外壁のことだけを考えて作業するのは結局のところ【ペンキ屋】となります。もちろん現場仕事ですので、塗装作業以外にも気配りが必要ですが、弊社では20年以上の職人歴と起業後10年の実績があります。
弊社が工事を行う際に、一番に重要視しているのは【お客様との距離感】です。
例えば、上記のような会社に依頼し工事を進めていくと、工事中の作業に対するお客様の疑問点や要望といった声が、まずは建設会社やリフォーム会社に届き、そこから現場の職人に伝えられることになります。まさに伝言ゲームです。時には内容が伝わりにくい場合や、時間と手間がロスやコストとなり、無駄になります。この無駄は作業内容はもちろん施工金額にも影響されます。
弊社の目指す距離感はこの無駄を一切廃止し、第一にお客様の声に最大限応えられるようにしたいというのが理想とするところです。
決して材料や品質を落として価格を下げると言う手法ではありません。
【プロからのアドバイス】
アドバイスとして、どの職種でも同じことが言えると思いますが、根拠のない値引きはあり得ません。
値引きをする場合、何かが引かれていると考えた方が良いと考えます。
デパートでの買い物でも、包装ひとつにお金がかかります。
弊社の業界で見積書の内容が少しも変わらずに値引きするということは、下記のようなことが考えられます。
  • ○最初から高額に設定し、最終段階で値引きし、お得感を出す。
  • ○使用塗料のランクを下げる。
  • ○作業工程、作業内容を許可なく省く。
『値引きは手抜きのはじまり』と考えてもいいかもしれません。
【弊社の取り組み】
弊社の見積りは残念ながらほとんど値引きがありません。
最初から適正価格で見積もりするため、値引き出来る余裕がないのが本音です。
弊社では見積書内容の根拠の説明はもちろん、工事に関わる工程すべてを写真でご説明させて頂きます。
工事完了後も、塗り替え前、塗り替え後はもちろん、作業工程ごとに写真を撮り、完了後にファイルをお渡しさせて頂きます。
見積もりをするにしても、我々業者の言いなりになる必要はまったくありません。
弊社としては現場に伺い、調査し、最善の方法と最も得が出来る内容をお客様に提案しますが、やはりそれぞれにご予算や好みがありますので、希望や要望は遠慮なく伝えるべきで、疑問質問は徹底的に行うべきだと考えます。その際、業者に否定されたり誤魔化されたりするようでは初めから論外となります。
弊社ではお見積りの段階で、お客様に納得して頂けるまで丁寧にご説明させて頂きます。
塗装例 建材補修例 一般向け問い合わせフォーム 業者様向け問い合わせフォーム お問い合わせ